自動車保険とは、自動車による事故を起こしてしまった場合に、保障を受けることのできる制度のことです。例えば、誤って人身事故を起こしてしまった場合には、被害者に対して、莫大な損害金を支払う必要に迫られるケースもあります。自動車事故は、被害者にとっても加害者にとっても、予想のできない突然の出来事です。

突然莫大な損害金を用意するといっても、一般的には難しいことが多いようです。そうした事故を起こした場合に、被害者と加害者の間に入り、事故の調査や、法律的見地に基づいた損害金支払いの保障をしてくれるのが、保険会社であり、自動車保険の役割です。また、人身事故に限らず、自動車をぶつけて物を破壊してしまったような場合において、適用される保険もあります。

自動車保険には、自動車を運転する際には必ず強制的に加入することが義務付けられている「自賠責保険」というものあります。基本的にこの保険は、自動車事故を起こして、自分が加害者となってしまった場合の保障を受けられるという制度です。さらに、こうした強制的に加入を義務付けられている自動車保険だけでは、保障が心配という人たちのために、保険会社が用意した様々な種類の保険が存在しておりこれを「任意保険」と呼びます。

このように、自動車保険は、強制的に加入を義務付けられたものと、自分の意思で加入するものの、二種類が存在しています。自動車に頻繁に乗るような方であれば、保障の手厚い保険を選択したり、あまり自動車に乗らないような方であれば、抑えめに保険を掛けるような組み合わせにより、いざというときのリスクを最小限に抑えることが可能です。

保険には2種類が存在します。ひとつは、自分の意志による加入に加え、保険の種類を選択することができる任意の保険、もうひとつが、強制的に加入を義務付けられている保険です。自動車を運転する場合に、強制的に加入することになるこの保険のことを自動車損害賠償責任保険、一般的には「自賠責保険」と言います。

この「自賠責保険」は、法律によって加入することを定められている保険ですので、ドライバーであれば、必ず加入しているものです。もし未加入で自動車を運転すると、罰金や交通違反の原点を取られることになります。「自賠責保険」は、自動車事故にあった被害者のために、加害者が支払う賠償金等の保障をしてくれるものです。ただし、保障は対人事故に限られています。そのため、物損事故には保障がありません。

保険を掛ける際には、「自賠責保険」のみではなく、その他にも保険を掛けて、ある程度の事故の範囲をカバーする構成にするのが一般的になっています。さらに最低限の保障のみである「自賠責保険」では、保障が心許ない事故のケースも存在することから「自賠責保険」と、その他の任意の保険の組み合わせにより、より突然の事故に備えることが安心といえます。

また「自賠責保険」は、加害者が加入し、被害者の救済を行うものですが、もし加害者が「自賠責保険」に加入していないケース、ひき逃げ等によって、自分が被害者になってしまった場合であっても、自賠責法という法律により、政府から保障を受けることが可能となっています。

加入が法律によって義務付けられている自賠責保険に対して、自分の意思で保険内容を検討し、加入するのが「任意保険」といわれる保険です。「任意保険」は、各種保険会社が様々な種類を提供しています。

自賠責保険がその保障を対人事故に限定しているのに対して、「任意保険」では、対物賠償保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険等、自動車事故による損害で考えられうるほとんどのケースの数だけ、保険が存在しているといっても過言ではありません。もちろん、「任意保険」においても対人賠償保険は存在するので、自賠責保険でカバーしきれない事故のケースを想定し、加入することが一般的になっています。

例えば、自賠責保険で保障されるのは、死亡事故を起こした場合には3000万円までと決まっていますが、実際にはそれ以上の賠償額が発生することも珍しくはありません。そのため、自賠責保険の保障額を超えるような対人事故のケースを想定し、「任意保険」の加入をすることが望ましいです。

加害者にとっても、被害者にとっても、自動車事故はいつ発生するか誰にもわからないものです。不慮の事故によって、加害者・被害者、両者の生活の破滅を防ぐためにも、広い保障が受けられる「任意保険」の選択と加入が必要です。また「任意保険」と自賠責保険の大きな違いは、自動車事故の被害者のために加入するのが自賠責保険に対して、「任意保険」は自分が被害者となった場合にも保障が受けられる種類のものがあります。

事故により、自分の自動車を破損した場合の修理代の保障を受けることのできる「車両保険」や、加害者・被害者によらず、自動車事故により傷害を負った際に保障を受けることのできる「人身障害保障保険」が、それらにあたります。このように「任意保険」には様々な種類があり、カバーする事故や、保障の大小に違いがあるので、よく調べて、自分に合った保険に加入することが求められます。

自動車保険には、様々な種類があります。自賠責保険では、対人事故の保障、それも被害者側のみの保障に留まっていますが、任意保険の場合では、様々な事故のケースを想定した自動車保険のサービスが存在しています。一般的には以下の種別が、任意保険の代表的なものとなっており、これらを保険会社が組み合わせ、総合保険商品や、保険商品として提供していることが多くあります。

保障内容については、提供先の保険会社で異なるため、各種保険会社に問い合わせる必要です。「対人賠償保険」は、自動車事故により、歩行者等の対人を、ケガもしくは死亡させた場合に保障が受けられる保険です。その保障範囲は、賠償額が自賠責保険の範囲を超えた際に、保障されるように決められています。

自賠責保険のみではカバーしきれないような対人事故は多く存在するため、必要となります。「対物賠償保険」は、自動車事故により、他人の建物や所有物に損害を与えた場合の保障を受け持ちます。対象物により、賠償額は様々あります。それらの保障を行ってくれるのが、この対物保障保険です。

「搭乗者傷害保険」は、自動車事故を起こした際に、自動車に搭乗者がおり、その搭乗者がケガ、もしくは死亡してしまった場合に受けることのできる保障となります。「自損事故保険」は、運転者が単独で自動車事故を起こしたような場合に、適応される保険です。例えばガードレールに激突し、運転者がケガもしくは死亡してしまった場合において保障が受けられる保険です。

「無保険車傷害保険」は、任意保険に未加入なドライバーと自動車事故を起こし、ケガもしくは死亡した場合に、相手の自賠責保険のみでは十分な保障を受けることができないようなケースで、保障の恩恵を受けることができます。「車両保険」は、自動車事故によって破損した自動車の、修理代等に保障を受けることのできる保険です。

医療保険等の保険と同様に、自動車保険にも「等級」という制度が用いられて保険が運用されています。「等級」制度とは、自動車保険の利用により、等級の上り下りが設定されており、保険料と密接に係わっています。自動車保険を利用する、つまり自動車事故を起こした場合に、等級が下がり、保険の更新時に保険料が高く設定されることになります。

その逆に、自動車保険を利用しなくて済んだ方、つまり自動車事故を起こさなかった方は、年々等級が上がっていき、保険料の割引率も高く、更新料を安く抑えることができるのです。こうした「等級」の制度は、保険会社が保険システムをうまく運用していく上で、必要な制度であり、自動車事故を起こして保険を利用した方と、無事故で保険を利用しなかった方との不公平感を埋めるのにも一役買っています。

自動車保険を利用した方は、利用していない方よりも保険料の割増しがされ、自動車保険を利用しなかった方は、保険料の割引きがされるので、保険料を安く維持していきたい方にとっては、重要な割引きポイントです。

等級の上り下がりには、様々な条件が設定されており、例えば、連続して毎年事故を起こしているようなケースだと、さらに事故を起こす確率が高いとして、等級の下がりも増え、保険料の割増しに発展します。逆に毎年無事故で自動車保険を利用せずに済んでいる方は、何10%もの割引きを受けられます。無事故で長年自動車に乗りつづけられた場合の、等級による割引率は50%以上になることもあります。

自動車保険を安くすることを考えた場合、この「等級」制度は外せない割引きポイントとなります。また、等級による割引き条件、割引率についても細かく設定されているのが通常です。将来までの保険料を計算するにあたっても、「等級」制度はよく確認する必要のある項目です。

自賠責保険に加入する場合、そのほとんどは、自動車購入の際の手続きや、車両点検の際に手続きとして加入することが多いかと思われます。任意保険の場合においても、自動車販売店やディーラー等が保険代理店となっているケースが多くあるため、保険の加入を勧められることがあります。

自動車保険は、このような保険代理店で加入する他にも、保険会社に直接電話で問い合わせる、保険会社をインターネットで検索し、申し込む等の加入手段があります。テレビを点けているだけでも、多くの自動車保険のCMが流れますから、それを見てどのような保険が存在するのか、調べる足がかりにするのも有効です。

自動車保険を扱う会社としては、保険代理店の他、農協や郵便局も存在します。まず、どのような組織がどのような自動車保険を取り扱っているのか、資料を取り寄せたり、電話で問い合わせてみることが、個々のサービスを知る近道となります。

また、インターネットでの資料請求や申し込みで、料金の割引を行っているような保険会社も存在することや、他の人の保険についての意見を聞ける、忙しい人でも情報を集めやすいといった意味でもインターネットでの保険会社探しはポイントが高いと思われます。

最近だと、店舗手続きや郵送手続きが難しいという急がしい方たちのために、インターネットやコンビニで自動車保険の加入手続きが行えるようなサービスも増えてきています。忙しい方たちにとっては、このような手続きの簡略化も保険会社選びのポイントになります。

自動車保険関連ニュース