自動車保険一括見積もり【無料】
年齢条件で安くする

保険を掛ける自動車について、ドライバーの年齢層を明確にすることにより、自動車保険の料金を安く抑えられる可能性があります。例えば、年齢が20代のドライバーに比べて、年齢が40代のドライバーの保険料は安く設定されることが一般的です。これは自動車事故を起こして負傷したドライバーの年齢層別統計において、負傷者が20代に多いことと無関係ではありません。

自動車保険に限らず、どのような保険についても、保険をよく利用するであろう層については、保険料が高く設定されるのが通常です。自動車保険についても、どの年齢層のドライバーが運転する自動車かということにより、保険料が違ってくるのです。

こうした年齢による条件について、自動車保険では、4段階に階級を分けて設定しています。まず、「年齢を問わず担保」があります。「年齢を問わず担保」というのは、ドライバーの年齢を特定しない保険、つまり自動車保険が適応される範囲が全年齢ということになります。

それから、21歳未満のドライバーが起こした事故については、保険金の支払いをしないという条件を設定した、「21歳未満不担保」があります。この「不担保」という言葉は、保険業界用語で、保険料が支払われないことを指します。そして「26歳未満不担保」、「30歳未満不担保」と続きます。

当然ながら、どの年齢のドライバーが自動車事故を起こしても適応される、「年齢を問わず担保」は、もちろん年齢制限のある「21歳未満不担保」や「26歳未満不担保」、「30歳未満不担保」に比べて、保険料が割高になります。自動車のドライバーの年齢が、ほとんど決まっている場合には、こうした年齢に応じた条件を設定することにより、保険料をかなり安くすることができます。

次の記事 >> 安全装備で安くする
自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の役割についてご紹介します。自動車保険とは、自動車によて事故を起こしてしまった場合に、保障を受けることのできる制度のことで、例えば、誤って人身事故を起こしてしまった場合には、被害者に対して莫大な損害金を支払う必要がある場合もあります。自動車事故は、被害者にとっても加害者にとっても、予想することができない突然の出来事なのです。

突然として莫大な損害金を用意することは、一般的には難しいです。そのような事故を起こした場合には、被害者と加害者の間に入り、事故の調査や、法律的見地に基づいた損害金支払いの保障をおこなうのが、保険会社です。そして自動車保険の役割です。また、人身事故に限ったことではなく自動車をぶつけて物を破壊してしまったような場合において、適用される保険もあります。

自動車保険には、自動車を運転するときには必ず強制的に加入することが義務付けられている「自賠責保険」というものあります。基本的にこの保険は、自動車事故を起こしてしまい自分が加害者となってしまった場合の保障を受けられるという制度です。さらに、こうした強制的に加入を義務付けられている自動車保険だけでは、保障が心配だという人たちのために保険会社が用意した様々な種類の保険が存在しています。これを「任意保険」と呼んでいます。

車両保険には4つのタイプがあります。そして、それぞれ補償内容を細かく設定することができます。しかし、保険会社ごとに更にグレードをアップするための車両保険特約というものがあります。会社によって、名称や付帯条件・補償内容などはさまざまですが、主な特約をご紹介します。まずは『協定保険価額特約』です。契約する時に車両標準価格表などを基準にして市場販売価格(時価額)で設定をします。修理が不可能な場合に支払う保険金の限度額を決めていきます。これは特約で付帯している会社と、普通保険約款に組み込まれている場合がありますので注意しておきましょう。

次に『車両新価保険特約』です。これは車が全損もしくは新車価格相当額の50%以上の分損の場合には、代わりの自動車を手に入れたときに新車価格相当額を支払うというものです。こちらは保険会社によって車種や付帯可能期間が異なります。そして『盗難代車費用担保特約』と『車両盗難不担保特約』です。一定の条件を満たしており『一般車両』、『限定A』で車両保険に加入している場合には、車の盗難の場合も保険金が支払われることになります。

しかし、盗難によって生じた損害の場合は、車両保険金を支払わないようにすることも可能です。これは保険会社によって異なりますが、一定の条件を満たした場合は『盗難代車費用担保特約』は自動付帯されているので『車両盗難不担保特約』を任意で付帯して保険料を安くすることも可能です。ちなみに『車両盗難不担保特約』を設定していない保険会社もありますのでよく確認しておきましょう。

過失の割合と支払いについてご紹介します。どのような場合でも、車両保険金額の限度額まで支払われるのでしょうか。それはそうとは限りません。事故のときに保険金を支払うのは、自分が契約している保険会社だけではありません。それは事故とひとことで言っても、相手がいて相手にも過失がある場合もありますし、単独事故で自分以外に非がないという場合もあるのです。

前者の場合は、相手の過失に応じて損害額を請求することが可能です。つまり、相手(相手が加入している保険会社)から回収金があるような場合は、それを差し引いた額が支払われることになりますね。具体例をあげてみると、たとえば双方に停止標識のある十字路で出会い頭の事故の場合には、たいていお互いが過失を半分ずつ認めることになります。

仮に、Yさんの車の修理費用が100万円かかったとします。そうすると相手から回収できる金額は100万円の50%で50万円となります。そのため修理費用からその金額を引いて、残りの50万円を車両保険金として受け取ることが可能です。その代わりとして相手の車の修理費用の半分も、自分の保険から支払われることになります。

自動車保険関連ニュース