自動車保険一括見積もり【無料】
保険が適応されるケース、されないケース

自動車保険が適応されるケースと、されないケースが存在します。通常の、自動車保険が掛かった自分の自動車を運転しての事故であれば、稀なケースでなければ保険料が降りることかと思います。ですが、借りた自動車であった場合は、また条件が違ってきます。自動車保険は自動車に掛かるため、自動車を借りた方に連絡を取り、掛かっている自動車保険の内容を確認する必要がでてきます。

保険の種類により様々ですが、例えば、自動車の運転者を所有者のみに限定しているような保険の場合は、このケースではもちろん保険が降りないことになってしまいます。津波や地震等の、自然災害による自動車事故は、保険が適応されるケースと適応されないケースが様々あります。

基本的に自然災害での被害についてを補償するような保険はあまり無いと思われますが、直接的な津波や地震等の被害というよりは、2次的な被害にる事故等の場合に、保険が降りる可能性もあります。そうした微妙なケースでは、保険会社に状況を説明し、規定と合致することで、保険が適応される場合もあります。

事故として多いケースとしては、当て逃げ事故があります。当て逃げされて、相手の所在がわからない場合には、請求先がありません。そうした場合には、車両保険に入っていれば保険を受け取ることができます自動車保険は、自動車に掛かっているものですから、運転条件に当てはまっていれば、飲酒運転で事故を起こした場合であっても、対人・対物賠償保険が適応されることになります。

自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の役割についてご紹介します。自動車保険とは、自動車によて事故を起こしてしまった場合に、保障を受けることのできる制度のことで、例えば、誤って人身事故を起こしてしまった場合には、被害者に対して莫大な損害金を支払う必要がある場合もあります。自動車事故は、被害者にとっても加害者にとっても、予想することができない突然の出来事なのです。

突然として莫大な損害金を用意することは、一般的には難しいです。そのような事故を起こした場合には、被害者と加害者の間に入り、事故の調査や、法律的見地に基づいた損害金支払いの保障をおこなうのが、保険会社です。そして自動車保険の役割です。また、人身事故に限ったことではなく自動車をぶつけて物を破壊してしまったような場合において、適用される保険もあります。

自動車保険には、自動車を運転するときには必ず強制的に加入することが義務付けられている「自賠責保険」というものあります。基本的にこの保険は、自動車事故を起こしてしまい自分が加害者となってしまった場合の保障を受けられるという制度です。さらに、こうした強制的に加入を義務付けられている自動車保険だけでは、保障が心配だという人たちのために保険会社が用意した様々な種類の保険が存在しています。これを「任意保険」と呼んでいます。

車両保険には4つのタイプがあります。そして、それぞれ補償内容を細かく設定することができます。しかし、保険会社ごとに更にグレードをアップするための車両保険特約というものがあります。会社によって、名称や付帯条件・補償内容などはさまざまですが、主な特約をご紹介します。まずは『協定保険価額特約』です。契約する時に車両標準価格表などを基準にして市場販売価格(時価額)で設定をします。修理が不可能な場合に支払う保険金の限度額を決めていきます。これは特約で付帯している会社と、普通保険約款に組み込まれている場合がありますので注意しておきましょう。

次に『車両新価保険特約』です。これは車が全損もしくは新車価格相当額の50%以上の分損の場合には、代わりの自動車を手に入れたときに新車価格相当額を支払うというものです。こちらは保険会社によって車種や付帯可能期間が異なります。そして『盗難代車費用担保特約』と『車両盗難不担保特約』です。一定の条件を満たしており『一般車両』、『限定A』で車両保険に加入している場合には、車の盗難の場合も保険金が支払われることになります。

しかし、盗難によって生じた損害の場合は、車両保険金を支払わないようにすることも可能です。これは保険会社によって異なりますが、一定の条件を満たした場合は『盗難代車費用担保特約』は自動付帯されているので『車両盗難不担保特約』を任意で付帯して保険料を安くすることも可能です。ちなみに『車両盗難不担保特約』を設定していない保険会社もありますのでよく確認しておきましょう。

過失の割合と支払いについてご紹介します。どのような場合でも、車両保険金額の限度額まで支払われるのでしょうか。それはそうとは限りません。事故のときに保険金を支払うのは、自分が契約している保険会社だけではありません。それは事故とひとことで言っても、相手がいて相手にも過失がある場合もありますし、単独事故で自分以外に非がないという場合もあるのです。

前者の場合は、相手の過失に応じて損害額を請求することが可能です。つまり、相手(相手が加入している保険会社)から回収金があるような場合は、それを差し引いた額が支払われることになりますね。具体例をあげてみると、たとえば双方に停止標識のある十字路で出会い頭の事故の場合には、たいていお互いが過失を半分ずつ認めることになります。

仮に、Yさんの車の修理費用が100万円かかったとします。そうすると相手から回収できる金額は100万円の50%で50万円となります。そのため修理費用からその金額を引いて、残りの50万円を車両保険金として受け取ることが可能です。その代わりとして相手の車の修理費用の半分も、自分の保険から支払われることになります。

自動車保険関連ニュース