任意保険の「対人賠償保険」について説明します。「対人賠償保険」は、その名前の通り、自動車事故を起こした場合に、人に対しての保障を行うものです。自動車事故により、対人に傷害・死亡させてしまった場合に支払いを保障されます。「対人賠償保険」は、強制保険の自賠責保険と同様に、あくまで他人に対して保障を行うための保険です。

自動車事故を起こした場合に、傷害を負った相手に保険金が支払われますが、運転者や同乗者には適応されることはありません。対人事故の保障をおこなう保険といえば、強制加入が義務付けられている自賠責保険が存在しますが、この自賠責保険でカバーすることのできない範囲の対人事故を起こした場合に、任意保険の「対人賠償保険」に加入していれば、自賠責保険の上限を超えた部分の支払いがなされることになります。

死亡事故を起こした場合の、自賠責保険で保障される上限額である3000万円を超えた場合に、「対人賠償保険」が適応され、各保険会社によって定められた保証額が支払われます。同様に、傷害事故の場合であっても、自賠責保険で保障される上限額である120万円を超えた場合に、差額をカバーする形で、「対人賠償保険」が適応されます。

先にも書いた通り、「対人保障保険」は、事故を起こした他人の死傷を保障するために加入する保険なので、基本的には、その他に自分や同乗者を保障するための保険と組み合わせて加入することが一般的です。

任意保険の「対物賠償保険」について説明します。「対物賠償保険」は、その名前の通り、自動車事故を起こした場合に、相手の所有物に対しての保障を行うものです。自動車事故により、他人の所有物に損害を与えてしまった場合において、支払いを保障されることになります。

「対物賠償保険」の保障範囲でカバーされる相手への損害内容としては、自動車事故による相手の車の修理費、電信柱の修理費、家の修理費、塀の修理費、ガードレールの修理費、電車の修理費等が考えられます。また、犬や猫のようなペットの場合にも、保障されるケースがあります。

電車への保障としては、事故を起こしたことにより業務を休業した分の賠償を求められる可能性がありますが、それらの休業分の保障も「対物賠償保険」でカバーすることができます。同様にバスやタクシー等についても、休業保障が適応されるよなケースになります。

対人賠償保険と同様に、「対物賠償保険」は、あくまで他人の自動車等、他人の所有物に損害を与えてしまった場合に保障が行われる保険であるため、たとえ自動車事故により、相手と自分の自動車の両方が破損してしまった場合であったとしても、「対物賠償保険」で保障されるのは、相手の車の破損のみということになります。

しかしながら、対物に関する自動車事故は、自分の自動車も破損するケースが多いことから、「対物賠償保険」の他に、車両保険等、自分の自動車が破損した場合に適応される保険と組み合わせて加入することが安心であるといえます。

任意保険の「自損事故保険」について説明します。「自損事故保険」は、自動車の運転者が自ら起こした死傷事故について、保険金の支払いが保障される保険です。運転者である「自損事故保険」加入者への治療費等が支払われることになります。また、「自損事故保険」加入者である運転者の同乗者についても保険金が保障される保険です。

自ら起こした事故とは、自動車を運転していてガードレールや電柱に衝突して起きた自動車事故等がそれにあたります。それらの、相手のいない自動車事故で負った死傷について、「自損事故保険」が適応され、保険金の支払いが保障されます。「自損事故保険」において保険金の支払いが行われるケースとしては、自動車の運転者が負った傷害や介護費用、また後遺障害や死亡した等が設定されています。

また、「自損事故保険」により保険金の支払いがなされるための条件には、電柱に衝突する単独事故のように、相手の過失がまったく無いことが求められます。ただし、事故相手の過失がゼロの場合であっても、飲酒運転や無免許運転等の違法行為により発生した自損事故については、保険が適応されないことが一般的なので、注意が必要になります。

「自損事故保険」は、対人賠償保険とセットにされていることも多いため、あまり意識して加入しているひとはいないかもしれませんが、こうした保障のケースと内容を覚えておけば、いざというとき役に立つかもしれない保険といえます。

任意保険の「無保険車傷害保険」について説明します。「無保険車傷害保険」は、自動車事故が発生した際に、事故を起こした相手が対人保険に未加入であったり、小額のみの保険に加入しているような場合に、それら保障でまかないきれないケースを保障してくれる保険のことを指します。

保険を掛けずに自動車を運転することは、自動車事故を起こした際には、相手と自分の双方にとって、負担が急増する悪いケースですが、そうした備えの無いドライバーも少なくないのが現状です。そうした事故相手の保険が足りないために、こちらの保障が減ってしまうようなケースについて、足りない分の保険額を保障してくれる「無保険車傷害保険」は大いに役に有益な保険であるといえます。

「無保険車傷害保険」で保障される保険金額は、契約している対人保険の保障金額と同額になります。もし対人保険を無制限で契約している場合には、「無保険車傷害保険」の上限は2億円と設定されます。「無保険車傷害保険」が適応される損害のケースとして、ドライバーやドライバーの同乗者が後遺障害を負った場合や、死亡した場合があります。

また、「無保険車傷害保険」が支払われる条件としては、相手の自動車が対人賠償保険に加入していないこと、相手の自動車の対人賠償保険において支払いがされないケースであること、相手の対人賠償保険が自分が加入している無保険傷害保険よりも低い金額であること、等があります。さらに、「無保険車傷害保険」は相手を特定できない当て逃げ等により発生した後遺障害や、死亡事故についても保障される保険です。

任意保険の「搭乗者傷害保険」について説明します。「搭乗者傷害保険」は、その名が示す通り、保険に加入した自動車に搭乗した全てのひとに起こった事故について、保障が行われる保険です。「搭乗者傷害保険」が適応される条件としては、「搭乗者傷害保険」加入の自動車において自動車事故が発生し、傷害もしくは後遺障害、死亡した場合があり、そうした場合に保険金が支払われることになります。

「搭乗者傷害保険」は過失を問わずに保障される保険です。また、保険による保障を受けても等級に関係することがありません。そのため、等級が下がることを嫌って保障を受けない、といったことを考える必要がありません。そうした条件からも、「搭乗者傷害保険」は比較的利用しやすく、また利用する頻度の高い保険であるといえるかもしれません。

また、保障されるケースとしても広く設定されていることが一般的で、例えば、搭乗者が保険加入自動車のドアに指を挟まれた等により発生したケガについても、「搭乗者傷害保険」において保障を行うことが可能です。

逆に、「搭乗者傷害保険」の保障が適応されないようなケースとしては、「搭乗者傷害保険」未加入の自動車において負った死傷、「搭乗者傷害保険」加入の自動車の外で負った死傷、設定された乗車方法を逸脱した行為によって負った死傷、等については、保険金の支払いはされません。

例えば、自動車に指を挟んでケガをしたような場合であっても、自動車の内側から挟むのは保険適用内ですが、外側から挟むことは保険適応外となるようなケースが多く存在します。

任意保険の「人身傷害補償保険」について説明します。「人身傷害補償保険」は、自動車事故により搭乗者が負ったケガや死亡について、保険金が保障される保険です。「人身傷害補償保険」は、自動車に乗っていた誰に起きた損害についても保障が行われ、加えて基本的には無条件での保障となります。

さらに、歩行中に起きた自動車事故や、他人の自動車に乗っていて起きた事故についてもカバーされる、保障の範囲が広い保険であるといえます。さらに保障されるひとの範囲についても同様に広く、「人身傷害補償保険」を掛けた本人に限らず、配偶者や同居親族にまで及びます。

つまり、「人身傷害補償保険」に加入した本人の妻が、歩行中に交通事故に遭ったようなケースにおいても、保険金による保障を受けることができるのです。「人身傷害補償保険」は、自動車事故が発生した際にも、基本的に無条件で保障される保険であることから、過失の度合いは問われません。仮に過失割合が100%の自動車事故の場合であっても、「人身傷害補償保険」であれば保障を受けることが可能なため、心強い保険であるといえます。

「人身傷害補償保険」は、搭乗者保険と保険の範囲が被ることもあり、両方に加入することは保険料を安く済ませる観点からは無駄に思えることもあります。保険料を安く済ませたい、でも保障は広く欲しいというひとにとっては、搭乗保険を外して「人身傷害補償保険」に絞るという保険の加入の仕方が一般的です。

任意保険の「車両保険」について説明します。「車両保険」は、保険に加入した自動車の損害に対して修理代等の保険金が支払われる保険です。「車両保険」は自動車事故による自動車の破損のみではなく、自然災害等による損害も保障の対象にしています。ただし、台風、地震、津波や噴火等は保障の範囲に含まれないことが一般的です。

それら風水害については、直接的な被害ではなく、間接的な被害にあったと証明できれば、保障が受けられる可能性もあります。「車両保険」は自動車の時価総額を超える掛け金で加入することはできません。保険会社により自動車の車種・年式から、いくらまでの掛け金まで可能であるといった決まりがあるので、その範囲内での加入ということになります。「車両保険」には「一般車両保険」と「車体車+A」、「エコノミー」といった種類が存在しています。

これらの保険の種類は、保障される範囲が違って設定されています。例えば、「一般車両保険」であれば、広い範囲の破損に対応できますが、「車体車+A」であった場合には、一般車両保険で保障される単独事故・当て逃げ等が保障から外れます。

ですが、一般車両保険と比べると、車体車+A車両保険や、エコノミー車両保険は保障の範囲が狭くなっていく分、保険料が割安になりますので、必要な保障の範囲を理解し、加入の選択をすることが可能になっています。また、これらの名称は、保険会社によって違ってきますが、内容としてはだいたい上記の通りで設定されているところが一般的のようです。

自動車保険関連ニュース