チューリッヒの自動車保険はコマーシャルなどでもよくみかけますので有名ですよね。チューリッヒの自動車保険は数分でも、あなたの自動車保険料がわかることがウリです。チューリッヒの自動車保険は代理店などをとおさなくても直に申込みすることができます。そして手続きも簡単です。インターネットからの契約であれば最大で7,000円も割引となります。

チューリッヒの自動車保険では他社の自動車保険に加入されている方のお見積りや申込みについては、満期日前日まで取り扱っています。見積りができる方は現在、他社の自動車保険に加入中の自動車です。また現在、本人名義(個人契約)でチューリッヒ保険会社以外で自動車保険に加入している自動車です。そして現在、自動車保険に加入されていない自動車です。はじめて自動車保険に加入を考えている自動車ということになります。

お見積り・お申込みについては、他社でご加入中の方お見積もりやお申し込みは、他社で加入中のかた、自動車保険にはじめて加入される方などそれぞれ入り口が違います。また保存したお見積りから申し込むこともできます。そして以前ご契約があった方でハガキを持っている方も別の入り口ああります。持っていない場合にはフリーダイヤルの0120-505-505まで電話をすることになります。受付時間は午前9時~午後8時までです。土・日・祝日は午後5時までとなっています。

自動車保険の等級についてご紹介したいとおもいます。わたしたちが加入している自動車保険は、ノンフリート等級制度にもとづいています。そのため、その年の割引や割増などが決められています。ノンフリートの契約とは契約者が所有している、もしくは使っている自動車の総台数が9台以下の契約のことをさしています。ノンフリート=つまりフリートではないということになります。そのためフリート契約というものも存在しています。

フリート契約とはどのようなものかというと、自動車が10台以上の契約を指しています。そして割引や割増の考え方はノンフリート契約とは異なってきます。そのため通常では、私たちが個人で自動車保険に加入する場合は、ノンフリート契約となるとおもいます。等級による割引や割増なども改正が入ることがあります。そのため常にその等級なら○%引(あるいは増)というよに決まっているわけではありません。

自動車保険を新規で契約した場合は通常だと6等級から始まりますが、以前の割引や割増と比べてみると6等級前後の割引と17等級前後の割引が若干ですが改定されています。ノンフリート契約では、原則として1年間の保険期間で事故がない場合には1等級減じます。そして事故があれば1事故につき3等級が加算されることになります。そのため現在、6等級の人は1年間事故がなければ翌年の契約更新時に7等級となり20%割引されます。逆に1回事故があった場合には3等級となってしまいます。

ソニー損保の自動車保険(http://www.sonysonpo.co.jp/prod/auto/N2010000.html)は、年間走行距離11,000km以下であればお得です。自動車保険の保険料は走る分だけおとくです。そしてレッカーは35kmまで無料といった充実のロードサービス、1事故に1担当者なので、万が一の事故なども場合にも安心の丁寧な対応です。

ソニー損保では契約者様向けにいろいろな契約者特典を用意しています。利用するためには、契約者特典サービス利用規約を必ず確認しておいたほうがよいでしょう。「カーライフ割引サービス」は、株式会社リラックス・コミュニケーションズが提供しているソニー損保契約者様専用のサービスです。レンタカーや駅、そして空港駐車場、全国にある約450ヵ所のレジャー施設や約300ヵ所の日帰り入浴施設などを優待価格で利用することができます。

利用するためには、クラブオフへの会員登録が必要となります。クラブオフとは、株式会社リラックス・コミュニケーションズが提供しているサービス名称のことです。レンタカーは最大で64%オフとなっています。駅や空港の駐車場は最大で47%オフとなっています。車検やカー用品は各種優待となっており、レジャー施設も各種優待となっています。

保険スクエアbang!(http://www.bang.co.jp/)は自動車保険の一括見積もりをしてくれるウェブサイトです。自動車保険のほかにも生命保険やバイク保険、火災保険、旅行保険、ゴルフ保険、レジャー保険、ペット保険などの一括見積もりをすることができます。自動車保険一括見積もりは最大で17社の見積もりをすることができます。この見積もりはもちろん無料でおこなえます。

自動車保険の一括見積もりをすれば色々な会社の自動車保険の保険料を比較することができます。また、インターネットからそのまま契約することもできます。まず、自分の車のメーカーを選択します。そして、車の車名を洗濯します。型式も必須の選択となります。その他にも車の使用状況などの入力が必要となります。初年度登録年月や使用目的などです。

年間走行距離や付属装置(ABS、エアバッグ、横滑り防止装置、低公害、衝突安全ボディ、イモビライザー)などです。所有者の情や保険の情報なども必須となります。ナンバーは登録済みであったらナンバーなども入力します。ナンバーが登録済みで陸運支局などは必須の項目となっています。自動車保険の節約を考えているのであれば見積もり比較はおすすめの方法です。

東京海上日動では、自動車保険も取り扱っています。(http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/)東京海上日動の自動車保険にはトータルアシストというものがあります。トータルアシストは“3つの基本補償”と、“6つのアシスト”からできています。3つの基本補償では、相手方の治療費や修理費などを支払いします。また自身や家族・乗車中の方の治療費などを支払いします。

そして契約している車の修理費あどの支払いもできます。また、事故防止から万が一事故がおこってしまった後のケアまでサポートする6つのアシストも用意しています。原則として、無料でサービスを提供しており、それぞれの特約の内容に従って補償を提供しています。6つのアシストとは、特約とサービスから構成されており、特約名を記載しているアシストは、それぞれの特約の内容に従って補償を提供しています。サービスと記載しているアシストの場合は、原則として無料でサービスを提供をおこなっています。また、サービス範囲は予告なく変更となることがありますので注意しておいたほうが良いでしょう。

事故防止アシストでは東京海上日動のホームページ内で、事故防止情報を提供しています。メディカルアシストはからだに「もしも」があったときに安心です。事故現場アシストではユーザーが最も不安な「事故発生から24時間」をきちんとサポートします。選べるロードサービスでは事故や故障などの突然の車トラブルに対してしっかりとサポートしてくれます。もらい事故アシストでは、保険会社が示談交渉できない「もらい事故」についても安心できる特約サービスです。入院時選べるアシストは特約で事故で3日以上入院された場合にはしっかりとサポートしてくれます。

アクサダイレクトの自動車保険(http://www.axa-direct.co.jp/)についてご紹介したいと思います。コマーシャルなどでもおなじみのアクサダイレクトの自動車保険を契約しているかたもいると思います。アクサダイレクトでは、どのような自動車保険のサービスをおこなっているのでしょうか。アクサダイレクトでは、一人ひとり、それぞれ車の利用頻度や目的が違うと考えています。

利用状況が違うけれども保険料は同じというものが従来の自動車保険でした。しかし、アクサダイレクトの自動車保険では、ライフスタイルや車の使い方といった要素をきちんと反映して、お客さまにピッタリとくる保険料を提案しています。保険料が変わる要素としてはどのようなものがあげられるのでしょうか。まずは、運転免許証の色です。

ゴールド免許であれば保険料がよりやすくなります。つぎに自動車の使用目的をみてみると休日ドライバーの場合には、より保険料が安くなります。そして年間予想最大走行距離も保険料が変わる要素に組み込まれます。走行距離が少なければ、保険料をお安く設定することができます。距離区分などもありますのでよく相談してみましょう。

イーデザイン損保(http://www.edsp.co.jp/products/)の自動車保険についてご紹介したいと思います。イーデザイン損保の自動車保険は次のような補償のなかから、ユーザーのニーズにあわせて自由にデザインすることができる保険です。自分にぴったりとくる保険プランを選ぶことができます。まずは自動付帯の補償です。他にも相手方の補償などもあります。

また、ニーズに合わせて選べる補償や車による怪我の補償、車の補償などもあげられます。相手方への補償とは、他人を怪我させてしまったり、他人の物を壊してしまったときの賠償の補償のことです。対人賠償責任保険と対物賠償責任保険などがあります。また対物賠償責任保険をつけている方が加入することができる補償特約に対物超過修理費用補償特約というものがあります。

車による怪我の補償については、車による運転者や同乗者などの怪我の補償となります。搭乗者傷害保険や人身傷害保険などがあげられます。人身傷害補償保険を付けている方が加入することができる補償には、女性のお顔手術費用特約や育英費用特約、入院時諸費用特約などがあげられます。細かく分類されているので自分のニーズに見合った保険内容を作成することができると思います。

自動車保険のそんぽ24(http://www.sonpo24.co.jp/)は日本興亜保険グループの商品です。コアラがキャラクターとなったコマーシャルなどでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思います。そんぽ24の補償内容は次のとおりになっています。相手方への賠償については自動車事故によって他人を死傷させてしまったときや他人の車や物などを破損させたときに利用することができます。

これは対人賠償保険や対物賠償保険、対物超過修理費用補償特約などがあります。また、自身や搭乗者の方への補償は自動車事故によって自身や家族、そして搭乗者の方が怪我などをおったときに利用することができます。人身傷害賠償特約や搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者障害保険などがあります。車の補償については車両保険があります。

その他の保障は特約として付帯することができます。どのような種類があるのかというと、お客様の希望にとって付帯できる特約は弁護士費用等担保特約、ファミリーバイク特約などです。すべての契約に自動的に付帯される特約については他車運転危険担保特約などがあります。補償内容の詳細についてはウェブサイトから確認することができます。

三井ダイレクト損保(http://www.mitsui-direct.co.jp/)の自動車保険についてご紹介したいと思います。三井ダイレクト損保は『お客さまから選ばれ、喜ばれ、信頼される保険会社』となるために、色々な取組みを行っているようです。そして三井ダイレクト損保では、お客さまからの信頼に応えるために、色々な業務改善の取り組みを行っています。

三井ダイレクト損保の特長としてはインターネットならではの商品と保険料があるという点です。自動車保険などの保険商品をインターネットを提供することによって、お客さまに対して「本当に必要な補償をわかりやすく」、また「簡単なお手続きで」、そして「納得いただける保険料で」といった点を提供しています。他にも安心の事故対応サービスを提供しています。

事故にあわれたお客さまに対して安心してもらえることを、まず第一に考えています。そして経験豊富なお客さま専任スタッフが責任を持って対応しています。「スピードと利便性のインターネット」、そして「親身で誠実なコールセンターでの対応」というように充実したお客さまサポートを三井ダイレクト損保では実現しています。

車両保険とは、車両にかける保険のことです。つまり「自分の車の損害を補填する」ためのものです。保険金を支払い車と車の事故や単独事故、そのほかにも思わぬ車への損害に備えるためのものが車両保険です。任意保険を扱っている保険会社は、全国で20社以上もあります。1998年以降に大幅な規制緩和がおこったことから各社ともに保険の内容に独自のサービスや割引をつけるようになりました。そしてバリエーションが増えました。

車両保険は必要なのでしょうか?自動車保険に車両保険を付帯すれば、保険料がとても高くなってしまうことがあると思います。しかし、いつでも高いわけではありません。ひょっとすれば払いすぎて損をしているかもしれませんよ。保険料は車種や等級によって異なるからです。車種ごとに料率クラスが決まっているため高級車であればあるほど車両保険金額も高くなってしまいます。そうすれば結果として保険料が高くなります。

過去に事故を起こさないでいれば、だんだんと「等級」が高くなります。そうすれば、その分保険料の割引があるため保険料が安くなります。車両保険は、事故などで被害をうけた自分の自動車を守るための保険です。事故にあう確率や車の修理費用などを考慮しながら車両保険が本当に必要になるのかどうかをよく検討してみるとよいでしょう。

自動車の修理代にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?結構な値段がしてしまうことをご存知でしょうか。たとえば、あなたが愛車フェラーリを運転しているといに赤信号で停止している前方車両に追突してしまったとします。停止していた自動車に追突したときには、相手には全く過失がありません。そのため自分の修理費用を全額負担することになってしまいます。

軽く追突したように見えたとしても、外車の場合は国産車と比べてみると予想している以上に修理費用が高くなってしまいます。国産車であればバンパー交換でも5万円から10万円くらいといったところでしょうが。しかし、外車の場合には、その倍以上かかってしまうことああります。場合によっては簡単な修理であっても100万円くらいの費用がかかってしまうことも少なくありません。

予期しない事故を起こすたびに、高額の支払いばかりできるものでないと思います。年収がかなり高めという方ならそれほどではないかもしれませんが、一般的にはかなり痛いと思います。そのため、保険が必要となってくるということなのです。保険に入っていれば、事故を起こしたときにお金をもらうことも可能です。事故の程度を問わず、契約している保険が補償できる範囲であれば保険金を請求することができます。ただ、いつでも請求したほうが得することができるとは限りません。

自動車の事故には大きな事故から、軽めの事故まで色々な種類があると思います。もしも、あなたが軽い事故を起こしてしまった場合には、自動車保険を使うのかどうか迷いますよね。軽い事故なら請求しないほうがよいのでしょうか?車をちょっとぶつけてしまったり、車庫入れのときに少しこすったりすることがあると思います。このような軽微な事故の場合には保険金の請求することができるのでしょうか?

もちろん、事故の程度を問わずに、契約している保険で補償することができる範囲で保険金を請求することができます。ただ、いつでも請求したほうがお得になるとは限りません。これはどういうことなのでしょうか。それは、事故を起こすたびに、次第に条件が不利になっていくからです。保険会社にしてみても、誰にでも気前良く払っていたら破産してしまいます。

そのため、事故をしょっちゅう起こすような人の場合は、保険料が高くなってしまいます。保険会社にかけている保険の等級が下がるのが嫌な場合には、我慢するがもしくは自腹で直すかしたほうが良いかもしれませんね。等級についてあまりご存知ないかたもいるかもしれませんが、等級はドライバーの優良レベルのことです。そして保険料の支払いについて大きく関係してきます。

自動車で事故を起こしてしまい保険を使えば等級が下がってしまいます。そのことをご存知のかたも少なくはないと思います。“等級”というのは、ドライバーの優良度をはかる尺度のことです。無事故無違反に近ければ近いほど優良ドライバーということなのです。自動車で事故を起こしてしまい保険を使えば、1回につき3等級も下がってしまいます。

等級が下がると保険料が高くなってしまいます。そして、この3ランクダウンしてしまったものを元に戻すためには、3年以上もかかってしまいます。そのため、軽微な事故で請求も小額のような場合には、保険を使わないほうがお得なのかもしれません。自動車の任意保険を使う前に、契約している保険会社に相談してみるとよいでしょう。

保険料を安くおさえる方法もあると思います。それは、事故を起こさないで安くするという方法です。そしてリスクを限定して安くするという方法もあります。また、免責金額を設定して安くするといった方法や安全な車に乗って安くするという方法もあります。無事故無違反でゴールド免許を取得することができれば、任意保険の料金も安くすることができます。

リスクを限定して自動車保険にかかる料金を安くおさえる方法もあります。なかには保険料を安くしたせいで、もらえる保障金額も安くなったらと心配されるかたもいるかもしれません。その心配はいりません。リスク細分型自動車保険で、細かく設定すれば保障内容はそのままでも安く仕上げることができます。

リスク細分型というのは、車種や年齢、そして使用目的、地域などを細かく限定することによって算出する方法のことです。例えば、年齢では1.全年齢、2.21歳以上、3.26歳以上、4.30歳以上
というように分かれていまして、このうち4の30歳以上がいちばん割安でお得となっています。年齢がわかければ全年齢で入るしかありません。

しかし、年齢以外の条件でも、自分にとって不要な部分を切り捨てたり、自分があてはまるところだけを選んで安くすることが出来ます。例えば、運転者を家族に限定するといった方法もあります。ただしその場合には、家族以外が事故を起こしても、保障してもらえないため注意しなければなりません。安易に友達などに車を貸さないようにしましょう。

自動車保険で免責金額を設定して安くおさえる方法もあります。ご存知でしょうか?免責金額とは、事故にあった場合に「免責金額」の上限までは自腹を切っておいて、それを超えた分について保険会社に請求するというものです。それでは、具体的にいうとどのようなかんじになるのでしょうか。免責金額5万円で設定しているとします。

そして、事故を起こして修理費が8万円だったとします。免責金額の5万円までは自己負担をします。そして保険会社からは残りの3万円が支払われることになります。 「それでは、どうやって安くするのでしょうか?」保険料を安くするポイントは、基本的にいえば保険会社に優しくするということなのです。

この場合には、免責金額を高めに設定しましょう。たとえば10万とか15万とかにすれば、保険料は安くなります。その代わりに、事故を起こしてしまったら10万もしくは15万と自腹を切らなくてはなりません。逆に免責金額をゼロにしてしまえば、全額保障してもらえるかわりに保険料は高くなってしまいます。

自動車保険を安くするためには、安全な車に乗って安くするといった方法もあります。自動車にはエアバッグはついている車がありますよね。エアバッグやABSなどの装備は最近では、ほとんどの車に装備されていると思います。実はそういった装備なども自動車保険の保険料を安くするためのポイントになります。

自動車保険の保障というものは、車の損害やケガの治療費に対して支払われるものです。そのため、事故を起こしにくいて怪我をしにくい、そういった安全な車だと保険料が下がるということになります。エアバッグやABS、他にも衝突安全ボディや横滑り防止装置、盗難防止装置、なども装備が自動車にはあります。

全部ついているとある程度は安心ですよね。これらの装備は車検証には記載されてませんので、あらかじめきちんと確認しておくとよいでしょう。自動車保険の等級は、ドライバーの優良度をはかるための尺度です。無事故無違反に近ければ近いほど優良ドライバーということになります。よく事故をしている方は、「事故をする確率が高い」ので保険料を割増されていくという制度になります。

自動車保険には、車両保険というものもあります。車両保険にはいっていれば、たとえ事故にあったとしても安心できるのでしょうか?何かあったら保険会社が保険金を支払ってくれるから、それで車を修理すれば良いと思いがちかもしれません。しかし、けっしてそうではありません。車両保険は簡単そうなのですが、そこまで単純ではありません。

その事故が、車両保険の対象になるとは限らないからです。それは「事故にあったのに、保障してもらえないかもしれない」ということなのです。もしもの事故にあってしまってから後悔してしまうまえに、きちんと情報収集をしておいて希望の条件に合うように加入しておいたほうがよいでしょう。車両保険には、4通りの付帯方法があります。

適用できる事故の範囲ですが、オールリスクカバーや単独事故以外をカバー、また車との事故のみをカバー、走行危険以外をカバーというように分かれます。保障してもらえる事故の範囲によって、コースが分かれることになります。最上級は『一般車両』コースで全てのケースをカバーしてもらえます。

車両保険には「一般車両」、「エコノミー」、「限定A」、「エコノミー+限定A」の4つのタイプがあります。「一般車両」とは偶然の事故によって、あなたの自動車に生じてしまった物的な損害を補償してくれます。ここでいう偶然な事故とはどういったものかというと車との衝突や接触、自転車との衝突、接触、または物の飛来や落下による損害、そして火災、爆発、盗難、浸水などが挙げられます。

つまり、故意ではなくて偶発的な事故のほとんどをカバーすることができるオールマイティーな車両保険だということになります。「エコノミー」とは正式名称を「自動車相互間衝突危険車両損害担保特約」といいます。つまり、車と車の事故による損害のみ保険金を支払われるという特約になります。特約といってもグレードを上げるためのものではありません。

保険料を安く押さえるためのものとなっています。一般車両と比べてみるとはるかに補償範囲が狭くなっています。相手が車であり(二輪・原付は含みますが自転車は含まれません)、なおかつ事故の相手が特定できている場合のみ、保険金支払いの対象となります。安いのは良いとおもいますが、限定的すぎますので素人にはおすすめできないと思います。

車両保険には「一般車両」、「エコノミー」、「限定A」、「エコノミー+限定A」の4つのタイプがありますがあなたはご存知でしょうか。それでは、「限定A」、「エコノミー+限定A」についてご紹介したいと思います。まず、「限定A」ですが、こちらは正式名称を「車両危険限定担保特約」といいます。車を走行させていない時の被害を補償するものです。

具体的にいうと火災や爆発、盗難、落書き、浸水、飛来・落下中の他物との衝突などを補償してくれる内容となります。そのため事故に関してはまったく保障してもらえないということがわかります。次に「エコノミー+限定A」です。これは文字通り、「エコノミー」特約と「限定A」特約を組み合わせたものです。「一般車両」では事故の相手が車以外でも補償されることになります。

そのため、この特約を付帯することによって事故の相手が自動車に限ることになってしまいます。つまり、いいとこどりということになります。「エコノミー」特約や「限定A」特約をそれぞれ単独で付帯することはできないです。そのため、「エコノミー+限定A」というセットの商品を販売している保険会社もあるようです。

自動車保険の車両保険が支払われない場合もあります。「一般車両」コースで加入しておけば、どのような事故があっても安心することができる。なんて思わないほうがよいでしょう。車両保険はいつ、いかなるときでも払われるわけではありません。それは、法律違反のときや自動車保険に加入している者がズルをしたとき、そして災害などの特殊ケースなどが当てはまります。それでは具体的にみてみましょうか。

まずは法律違反です。いずれの場合も保険金が請求できないケースとしては故意・無免許・酒酔い・麻薬等運転による損害があるでしょう。たとえば、飲み会に自動車で行って酒に酔った状態で帰り道にガードレールなどに衝突した場合などは、車両保険を請求することはできません。それから故意の工作です。会社の従業員が社長の指示によってわざと車をぶつけて破損させたような場合なども、車両保険では補償してくれません。

災害も当てはまります。自動車の故障や地震・津波になどよる損害についても車両保険では補償されません。タイヤについてですがタイヤの単独損害も当てはまりません。これはタイヤのパンクと区別することが難しいからということが理由です。あとは特殊な盗難もそうです。更に、『一般車両』や『限定A』特約などで補償される盗難事故の場合であっても、車の装飾品や燃料、ボディカバー、洗車用品などは対象になりません。しかし車にもともと装備されているようなラジオやテレビ、クーラー、時計などの場合は盗難事故と認定されることもあります。


自動車保険の車両保険の直接損害と間接損害についてご紹介します。車両保険の直接損害と間接損害についてあなたはご存知でしょうか。事故を起こしたとしても保障されないケースがあります。『エコノミー』タイプでは、車と車の事故に限定していることになりますので、盗難による被害や事故の相手が物(たとえば電柱など)の事故などについても対象外となります。

また、相手の車両が特定できないと車との事故だというように特定しにくいという観点から、当て逃げによる損害などについてもこのタイプでは補償されないので注意が必要です。『限定A』特約では、走行による危険以外を補償するというものになりますので、他物との衝突や接触による事故は補償されないということになります。色々とあってわかりづらいというかたもいますよね。結局は、どのようなときにお金をもらえるの?という疑問になってしまいます。

簡単に言えば、車両保険で支払われる損害は、大きく分けて2つあります。まずは直接損害です。これは事故によって生じた物的損害によって車を修理するためにかかる費用を補償するというものです。そして間接損害については事故で動かないときに修理工場などに運ぶときや、盗難車両を引き取ったりする場合にかかる費用などを補償するものです。

車両保険の算出方法についてご紹介します。車両保険を使用する場合に支払われる保険金はどのようにして算出されるのでしょうか。車両保険の支払い保険金の算出方法は、車が分損か全損かによって異なります。分損とは自動車が修理可能な状態のことで全損とは修理が不可能か、修理代が車両保険金額を上回る状態となります。また、これは保険会社にもよりますが、車両保険の保険金額は『協定保険価額』と『修理支払限度額』という2通りの設定方法があるそうです。協定保険価額とは事前に決めておいた、修理不可能な場合に支払う保険金の限度額のことです。

契約をする時に車両標準価格表などを基準に市場販売価格(時価額)で設定されます。そして修理支払限度額とは事故に遭った場合で修理が可能なときの支払い限度額となります。修理可能な場合で修理支払い限度額までの場合は協定保険価額=修理支払い限度額だと協定保険価額=修理支払限度額が限度ろなります。これは協定保険価額までも同様です。臨時費用保険金の場合は損害が協定保険価額以上となった場合に支払うことになります。協定保険価額=有利支払い限度額で修理支払い限度額までの場合は協定価額を超える部分も修理支払い限度額が限度となります。

これは協定保険価額までの場合は修理支払い限度額が限度となります。臨時費用保険金は支払われません。次に協定保険価額=修理支払い限度額で修理限度額までの場合は修理支払い限度額が限度となります。協定保険価額までの場合は修理支払い限度額を超える部分は支払われません。そして協定保険価額までの場合は修理支払い限度額を超える部分は支払われません。臨時費用保険金は損害が協定価額以上となった場合に支払うことになります。修理が不可能な場合は協定保険価額と臨時費用保険金が支払われることになります。

過失の割合と支払いについてご紹介します。どのような場合でも、車両保険金額の限度額まで支払われるのでしょうか。それはそうとは限りません。事故のときに保険金を支払うのは、自分が契約している保険会社だけではありません。それは事故とひとことで言っても、相手がいて相手にも過失がある場合もありますし、単独事故で自分以外に非がないという場合もあるのです。

前者の場合は、相手の過失に応じて損害額を請求することが可能です。つまり、相手(相手が加入している保険会社)から回収金があるような場合は、それを差し引いた額が支払われることになりますね。具体例をあげてみると、たとえば双方に停止標識のある十字路で出会い頭の事故の場合には、たいていお互いが過失を半分ずつ認めることになります。

仮に、Yさんの車の修理費用が100万円かかったとします。そうすると相手から回収できる金額は100万円の50%で50万円となります。そのため修理費用からその金額を引いて、残りの50万円を車両保険金として受け取ることが可能です。その代わりとして相手の車の修理費用の半分も、自分の保険から支払われることになります。

車両保険には4つのタイプがあります。そして、それぞれ補償内容を細かく設定することができます。しかし、保険会社ごとに更にグレードをアップするための車両保険特約というものがあります。会社によって、名称や付帯条件・補償内容などはさまざまですが、主な特約をご紹介します。まずは『協定保険価額特約』です。契約する時に車両標準価格表などを基準にして市場販売価格(時価額)で設定をします。修理が不可能な場合に支払う保険金の限度額を決めていきます。これは特約で付帯している会社と、普通保険約款に組み込まれている場合がありますので注意しておきましょう。

次に『車両新価保険特約』です。これは車が全損もしくは新車価格相当額の50%以上の分損の場合には、代わりの自動車を手に入れたときに新車価格相当額を支払うというものです。こちらは保険会社によって車種や付帯可能期間が異なります。そして『盗難代車費用担保特約』と『車両盗難不担保特約』です。一定の条件を満たしており『一般車両』、『限定A』で車両保険に加入している場合には、車の盗難の場合も保険金が支払われることになります。

しかし、盗難によって生じた損害の場合は、車両保険金を支払わないようにすることも可能です。これは保険会社によって異なりますが、一定の条件を満たした場合は『盗難代車費用担保特約』は自動付帯されているので『車両盗難不担保特約』を任意で付帯して保険料を安くすることも可能です。ちなみに『車両盗難不担保特約』を設定していない保険会社もありますのでよく確認しておきましょう。

自動車保険の役割についてご紹介します。自動車保険とは、自動車によて事故を起こしてしまった場合に、保障を受けることのできる制度のことで、例えば、誤って人身事故を起こしてしまった場合には、被害者に対して莫大な損害金を支払う必要がある場合もあります。自動車事故は、被害者にとっても加害者にとっても、予想することができない突然の出来事なのです。

突然として莫大な損害金を用意することは、一般的には難しいです。そのような事故を起こした場合には、被害者と加害者の間に入り、事故の調査や、法律的見地に基づいた損害金支払いの保障をおこなうのが、保険会社です。そして自動車保険の役割です。また、人身事故に限ったことではなく自動車をぶつけて物を破壊してしまったような場合において、適用される保険もあります。

自動車保険には、自動車を運転するときには必ず強制的に加入することが義務付けられている「自賠責保険」というものあります。基本的にこの保険は、自動車事故を起こしてしまい自分が加害者となってしまった場合の保障を受けられるという制度です。さらに、こうした強制的に加入を義務付けられている自動車保険だけでは、保障が心配だという人たちのために保険会社が用意した様々な種類の保険が存在しています。これを「任意保険」と呼んでいます。

自動車保険関連ニュース